技術と研究開発Technology and R&D

TOP技術と研究開発

技術を製品に変える展開力

東洋化学が誇る製品の数々は、先端的な生産技術からのみ生まれるのではありません。地道に繰り返されてきた研究実績に加えて、いち早く次代のニーズを読み取り、どういう形で提案できるかを模索する研究開発スタッフの旺盛な好奇心が、新しい製品を生み出す原動力となっています。
これからも、より一層健やかで豊かな暮らしに貢献できるような製品の開発に積極的に着手。既成概念にとらわれない柔軟な発想で、新たな製品づくりを実現していきたいと考えています。

新しい展開を図るには市場を読み、先を見据える力が不可欠です。
そのため、消費者の声、お客様(クライアント)の声を絶えずキャッチしながら、次なるテーマを検討。素材応用開発・用途開発を追求するとともに、開発成果を組み合わせることによって、新製品開発を推進します。こうして、蓄積した技術と英知を市場が求める形に変え、製品として世に送り出します。

研究開発

当社は長年、快適・便利・健康などをテーマに、貼付型の製品開発を進めてまいりました。そして今、製品開発の重点は、さらにお役に立てる、喜んでいただける新しい付加価値製品の追求へ。医薬品など医療の領域にとどまらず、様々なテーマを掲げ、健康や美容の世界においても新用途・新分野への展開を図っています。

  • 機能性素材研究 素材メーカーや商社から提案された新素材に対して、それがどんな用途に適しているか、何に役立つかなど素材の研究を徹底的に行います。例えば、伸縮性のあるウレタン不織布テープは、肌へのフィット感のよさを活かし、当社が初めて絆創膏に採用したものです。
    また、種々の素材を組み合わせることによって、新しい製品開発という大きな実りを生み出しています。
    ハイドロコロイド製品も自社独自の開発により他社にはない強粘着で薄い製剤として特徴のある製品となっています。
  • 製剤開発 絆創膏の主目的である傷の保護という機能性の研究に加え、プラスαの有効成分を加えて効能を高める製剤開発に取り組んでいます。 従来の加工技術に留まることなく、有効成分を自在に操る技術の開発という新分野への挑戦。人々の快適な暮らしに貢献するために、産・官・学の協力体制づくりを視野に入れながら、成功への道を模索しています。
  • 機能性・安全性評価研究 確かな製品を世に送り出すために、素材研究、製剤研究のなかで重要かつ不可欠なのが機能性・安全性の評価です。
    どの程度かぶれにくいのか、傷が治るのか、あるいは使用感はどうかなどを、様々な角度から評価しています。
    当社の製品を信頼していただき、安心してご使用いただくために、日々、厳しい基準をクリアするための検討・研究を繰り返しています。
  • テストコーター オリジナリティのある粘着テープの研究開発のために様々な粘着加工に対応するテストコーターを備え、他社にない個性的な製品開発を展開しております。

技術展開と製品展開

当社はかつて、国内初となるシリコーン粘着剤を使った救急絆創膏を開発しました。
また数年前には当社独自の技術によるハイドロコロイド製剤も開発し塗工から製品化までの一貫生産をしております。技術部では当社のコア技術となる粘着技術ならびに加工技術を駆使して今までにない付加価値を備えた新しい製品づくりを目指します。
また粘着剤の研究のほか、ウレタンなどの基材も併せて検討。幅広い領域への展開、さらなる付加価値の追求を図ることで、貼付型の製品の幅を広げていきます。
加工するノウハウ・技術から、研究開発という川上へ領域を拡大。コア技術をベースに、次代を見据えた事業展開を進めてまいります。