あいさつ

実績ある絆創膏を中心に幅広い領域への展開を図り 健康と快適な暮らしを支える製品をお届けします。 東洋化学株式会社は昭和34年に外用硬膏剤の製造メーカー「岡薬品工業社」として創業しました。その後救急絆創膏の生産に取り組み、事業を展開してまいりました。創業以来「人々の健康と快適な暮らし」を支えることを変らぬ企業コンセプトとして、確かな品質の製品をお届けしています。
例えば血液を吸収することで圧迫止血するテープや、通気性とフィット感に富んだ新素材の救急絆創膏など、優れた製品を数多く生み出しています。
品質保証については、医薬品GMPに適合しISO9001及びISO13485の認証を取得し、より一層のマネジメントシステムを構築しました。
また、近年は製造業務に加え、研究開発にさらに注力するため、技術開発部を設置。主力の医療関連製品をはじめ、健康、美容関連など幅広い領域を視野に置きながら、使い勝手に優れ、快適な暮らしを支える素材開発、製品開発を推し進めています。新技術の開発とコア技術の応用展開により、当社には無限の未来が開けています。これからも見えないところに工夫を凝らし、次代のニーズに応える製品開発に取り組みながら、グローバルな流通展開とさらなる飛躍を目指して、たゆまぬ努力を続けてまいります。